西日暮里 スナック「めぐみ」ママの酔っぱらい日記

大自然のエナジーを感じるナチュラルな私

漫画『シェア・ユア・ライフ』のダウンロード販売を開始しました

こんにちは、ひでシスです。

コミティア122で『シェア・ユア・ライフ』を頒布しました。このダウンロード販売をboothとnoteで開始しました。300円です。

hidesys.booth.pm

 

表紙はこんな感じ。

f:id:hidesys:20171202113222j:plain

 

人間が生きるのに必要なものは実はすごく少ない。すべてを所有しようだなんて考えは傲慢でコストが高くついて非効率だから、すべてを分割して残りの分は他人とシェアして欲しい。そういう想いを伝えたくて、漫画を書きました。

 

OLの今風の生活を描いています。読んでいただいた方からは様々な意見を頂いています。

 

f:id:hidesys:20171202113359j:plain

お金で解決できることはお金で解決した方がいいのかも……。

 

 

f:id:hidesys:20171202113410j:plain

私たち労働者は「自分の時間を切り売りして」生活を送っています。なら、居住空間やプライベートも切り売りしていってもいいんじゃないでしょうか。

 

 

f:id:hidesys:20171202113428j:plain

 

 f:id:hidesys:20171202113444j:plain

 

 

ダウンロード場所について

どの場所でも300円です。

boothはこちら

zipとpdfで頒布しています。

hidesys.booth.pm

noteはこちら

スマホで読みやすいかも。

note.mu

note.mu

 

ではでは。

f:id:hidesys:20171202113521j:plain

 

阿部洋一『 #それはただの先輩のチンコ 』、あるいは切断されたペニスをめぐって

こんにちは。男根妄執者のひでシスです。

 

阿部洋一の『それはただの先輩のチンコ』が先日公開されました。男性からペニスを切り取っても再生するこのに気付いた女子たちが、例えば先輩のペニスを切り取ってペットにしてみたり、妄執的に様々なちんこを集めてバスタブ一杯に貯めてちんこに埋もれてみたりする話です。

webcomic.ohtabooks.com

f:id:hidesys:20171103002216p:plain

阿部洋一といえば、セーラー服を着た女子が顔を赤らめながら股間に生えた蛇口を「ガチャガチャ」と音を立てさせて公園の水道の蛇口と絡ませるシーンですとか、そういう男根を想像させる描写をよく使ってました。ぼくとしてはこの漫画を読んで「ついに来たか~~」という感じです。

 

切断されたペニスをめぐって

「ペニスの切断」と聞くと、最初に頭に浮かんでくるのは去勢不安ではないでしょうか。歯の付いたヴァギナとかのイメージです。ただ、阿部洋一の『それチン』については、エディプスコンプレックス的な去勢恐怖に着眼すると論点がぼやけてしまいます。

 

阿部洋一『それチン』で注目すべきは、「強い男性像」から「性的な男性の部分」を切断し、弱い(踏めば潰れてしまうような)性的なオブジェクトとして、性の主体となった女性の所有物とする、という構造でしょう。

性的に強いこと・力が強いことは古来から一体のイメージとして「強い男性像」として捉えられてきました。しかし相対主義と男女平等の進んだ現在においては、「男性の力強さ=性的な主体性」の等式は徐々に地位を失い、今やむしろ現実社会において弱い男性に対して自らを勇気づけるファンタジーとして供給されるのみという状況に落ちぶれています。では女性が性的な主体性を手に入れたとき、どのように描写されるのか?という話ですけど、内田春菊オードリー・ヘプバーン的な「自分の力で生活を営み、自分の人生段階に応じて最適な男性をパートナーとして乗り換える」だったり、もしくは「自分の身体に挿入される≒自分を支配するペニスを否定するために、ペニスを切り取って自分のものとする」だったりするのかなと思います。

 

『それチン』では第1話で帰巣しようとしているペニスを無理に引き留めてペットとして飼う描写に、女性の性的な主体性→性的な男性がオブジェクトとして扱われることの構造が見て取れます。そしてそのペニスは高熱を出して寝込む。阿部洋一の描くペニスは従来のペニスの熱くて鉄のように固いイメージと違い、柔らかく、小さく、弱いものです。性的な主体性に欠けた男性。女性の意思に翻弄される男性。

f:id:hidesys:20171103014149p:plain

第2話では、「男性のペニスを切り取ってペットとして扱うこと」が社会的に少しずつ流行している描写が出てきました。もはやそこに人間としての男性は存在しません。添い寝フレンドのその先の世界です。

 

私たちは今、労働時間を切り売りして、日銭を稼いでいます。これも切断です。AirBnBで、使っていない間 自分の部屋に他人を泊めてお金を稼ぐこと、これも切断です。思えば、人類の最初の労働は売春でした。私たちの時間を、居住空間を、性的な私を切断して他人に提供することは避けられない流れなのかもしれません。

 

さて。せっかくなので、ペニスの切断史というか、切断されたペニスの表現史について、ひでシスと一緒におさらいしましょう。

 

意思を持って這うペニス

榎本俊二『えの素』

www.amazon.co.jp

f:id:hidesys:20171103004545p:plain

意思を持って這うペニスといえば、まずえの素でしょう。『これチン』で描かれていた、切断されたペニスの帰巣本能の描写も出てきます。榎本は天才です。

 

てる『ちん兄ちゃん』

f:id:hidesys:20171103005138p:plain

[R-18] 【漫画】「【創作R18】ちん兄ちゃん」漫画/てる [pixiv]

商業ではないですし、かつ切断ではなく人間が陰茎に変身する話ですが。ペニスになった主人公がディルドとして使われて萎びてしまう描写に興奮しました。

 

切断されたペニス

現実の世界ではラスプーチンの巨根展示阿部定事件不倫弁護士陰茎切断事件などがありますが、フィクションだとどうでしょうか。

x51.org

阿部定事件 - Wikipedia

gendai.ismedia.jp

師走の翁『精装追男姐』

f:id:hidesys:20171103010246p:plain

ぼくの一押しはこれです。

かわいい男の子がちんぽをイジメっ娘たちに切断されてしまう話です。切断されたペニスの間隔が本人と繋がっているリンク型です。さまざまにペニスが使われていく中で、ペニスに経験値が蓄積され、それが持ち主の手元に戻った時に驚くべき進化をもたらす。みたいな話でした。

ストーリーライン的にはやはり男性にペニスが戻ることで男性が強力な(性的な)主体性を取り戻す、という感じなんですが、それはまぁエロ漫画なので仕方ないかもしれません。

 

はらだ『ポジ』

薬を飲むとちんちんが取れて、搾乳機に入れられて「止めてくれ〜〜」ってなる漫画が収録されてました。ペニスが本人から切断されてモノとして扱われる中で、ペニス自身の本人に対する他者性がどのように暴かれるのかと期待して読んだんですが、そういう描写は薄かったですね。

 

ワープするペニス。どこにでも出現するペニス。

切断描写がなくてペニスが生えてくる系だとこっちです。AVだと飛び出る生チ○ポが人気の○○シリーズが有名でしょう。

 

かるま龍狼『非日常性バイアス』

f:id:hidesys:20171103011347p:plain

非日常性バイアス (バンブーコミックス COLORFUL SELECT)

アイディア賞です。ぼくもこういう特殊能力があれば、仕事中にオフィスで机の上にペニスをいっぱい生やして、林を作りたいですね。

 

magifuro蒟蒻『ちんちんを踏む話。』

f:id:hidesys:20171103010852p:plain

www.pixiv.netいや~よかったですね。足で踏むのはモノ扱いの中でも上級といった感じですので。magifuro蒟蒻氏はわかってます。ただペニスを自由に取り外して持って行けないところが残念でした。ただ生えてるだけだと、キノコ採集みたいな自然現象っぽさが出てしまうので。

 

最後に

ちょっとだけ宣伝します。ひでシス『愛根妄執』は事情により絶版状態にあります。今読めるひでシスのペニス漫画だと『月3万6千円の部屋には陰茎が住んでいた。』とかでしょうか。かなり古いですが。ペニスをいっぱい飼育するペットショップの話かとかも書きたいと思ってます。

 

今度の11月23日(祝)東京コミティアにて新しい本を出します。

女性の肉体にはペニスが存在しません。でもペニスの持っていない女性が性的な主体性を持ったら……。ネックレスやストッキングの線で分割されたその身体に、去勢されたペニスが現れることになります。私たちの時間を、居住空間を、性的な私を切断して他人に提供することは避けられない流れとなった世の中で、どのような生存戦略をとるのかが今 問われています。

 11月23日(祝)東京コミティア、スペースは「く28b」です。是非遊びに来てください。

 

 

動物園とストリップとセックスできる猫

今週末に上野動物園に動物を見に行って、それからストリップ劇場に人間を見に行った。その話。

https://twitter.com/hidesys/status/916472579895857152

 

友達が関西から来ていたので一緒に遊びに行った。

https://twitter.com/hidesys/status/916472579895857152

f:id:hidesys:20171007123248j:plain

上野動物園は東京都が補助金を出しているみたいで、入園料が600円と非常に安い(ただ、天王寺動物園は500円だけど)。年間パスは2400円だ(天王寺動物園なら2000円)。1シーズンに1回来たら元が取れる計算だ。

 

f:id:hidesys:20171007123747j:plain

まず初めに目に入ってきたのは、パンダの檻をの周りに群がる人間だった。パンダはやはり人気があるらしい。

パンダを単体で見て、「そんなにかわいいか? 世間の評価に騙されていないか?」と思う。お尻の毛だって土で汚れて薄茶色になってる。関西では和歌山みたいな田舎ですら見れるパンダを関東の人間は嬉しがって見ている。でもWWFロゴマークもパンダだし、パンダを可愛いと思うのは世界共通の発想なのかもしれない。

 

f:id:hidesys:20171007124629j:plain

パンダの近くには鳥の展示スペースがあった。タカとトンビは身体の大きさが違うだけで同じ種らしい。

f:id:hidesys:20171007131417j:plain

鳥は脳みそが大きくなくて、餌や光や音に反応して動くので、よくできた自動人形に思える。私は実家で犬を飼っていたんだけど、彼女は賢かった。家族内の人間関係を理解していたし、私たちが彼女にした指示もちゃんとわかっていた。哺乳類は脳みそが大きいので、知性がある。

 

奥へ進むとライオンの展示スペースだ。右側の窓からはライオンが見えなくて、友人に「人の集まっているあの別の窓のところへ行こう」と言われたんだけど、「ライオンをこうやって見に行くことでこれからの人生に何かしらプラスがあんのか?」と軽口を叩いた。

左側の窓を覗き込むと、ライオンが1匹だけ、放育場の真ん中に張り合いの無い顔をして座っていた。ここは外敵の心配がないし(百獣の王なんだからサバンナでも外敵の存在はないか)、餌の心配もないし、日々やることが無くて暇なんだと思う。

奥へ進むと、またかなり広いスペースにゴリラがいた。おっさん座りをして、暇そうに膝に付いた藁指でつまんでは取り除いている。それ以外に何もすることがないのだろう、彼らが閉じ込められている動物園という場所は衣食住が保障された空間なので。

 

私がゴリラのように動物園に入れられて衣食住を保証されたら……、難しい哲学の本とかを読んで日々を過ごすと思う。メガネをかけて、ポニーテールにして、勉強机に座って机の上に積まれた本に挑む。昔の動物園では黒人や原住民を展示していたと聞く。あの人たちはどうやって暇をつぶしていたんだろうか。

というか、そもそもゴリラに「暇」を理解する知性はあるんだろうか。お腹が空いた、腰が痛いなどの不快の概念は、互いに別のものとして理解されているんだろうか。私たちには言葉があるから概念を分けて理解し、操ることができる。でもゴリラは……。

とか友達に話していたら、「ゴリラは喉の構造的に複雑な言葉を発することができないけども、歌を歌うような動物はある程度様々な概念を脳の中で操っているって何かで読んだことがある」と言っていた。 f:id:hidesys:20171007131241j:plain

 

ゴリラの檻を通過すると、広い憩いの場のスペースに出る。歩き疲れたのでベンチに座って少し休憩をする。足元をハトが歩いていた。

ゴリラなんて十分賢いのだから、ジャングルなんて言わずも東京のコンクリートジャングルの中でも生活していけそうな気がする。ハトは都市ならどこの公園へ行っても見ることができる。カラスは完全に都市に適応して野生になっている。ドブネズミだってそうだ(この前新宿ですごく大きいドブネズミが道を走っているのを見た)。インドでは野生の牛が汚い繁華街に住んでいて、ゴミを漁って暮らしている。

 

動物と人間の関係には様々な姿がある。

人間の移住区域外でありのままの姿で生活をする(そかしそれは意図的に設定された自然保護区なのかもしれないが)、農村や都市など人間が人間の為に環境を改変した空間で人間に管理されずに野生として暮らす、人間の経済的利益のために全生活を統制された家畜になる、愛玩の対象としてペットになる、半ば研究・半ば興行のために動物園や水族館で飼われる、医療の発展のために実験動物になる……。

もちろんこれらの関係はスパッと明確に切断される違いがあるのではなく、例えばロシアのシベリアで放牧されているトナカイたちの群れは野生の群れと混じり合っていて個体が行き来していたりする。

 

人間と人間の関係はどうだろうか。

人間は社会的動物というだけあって、社会に包摂されている。動物園のゴリラは衣食住の心配をする必要がないが、私たちは衣食住を得るために半ば強制的に労働に従事させられている。これが資本主義のシステムというものだ。食を得るために労働に従事させられている存在といえば、水族館で芸を仕込まれているイルカもそうである。

 

www.pixiv.netそういえば状態変化界隈でOPQというペンネームで活動している人が居るのだけど、その人の最新のショートストーリーがそんな話だった。寂れた水族館で働いていた女性が、客寄せのために人魚になる手術を受けるように懇願される。人魚になるとエラを付けた関係で言葉を喋れなくなってしまう。最初は従業員たちも自分が元人間であることを認識していてくれるのだが、スタッフが変わっていくなかで引継ぎが上手くされず、いつの間にか自分が人間であったことが忘れ去られてしまう。餌も人間等の定食ではなく生魚になってしまい、イルカと同じように芸を仕込まれてしまう……。といったストーリーだった。性的にすごく興奮した。

この話でもキーになるのは「言語」である。

 

私の住処には少し部屋にスペースが余っている。ここにペットを飼うことができるだろう。中学生の頃は金魚をペットとして飼っていた。でもペットを飼うのなら、犬のようにどうせなら知性があって人間の言葉が分かる方がいい。ハムスターは人間の言葉を理解できない。一番人間に近くて心情もよく理解できるのは人間だ。でも人間を飼ったら食費が大変そうだ。配合飼料でどうにかならないかな? 食べなかったらご飯抜き。動物園のイルカみたいにちゃんとしつければ、人間でも配合飼料で飼うことができるかもしれない。人間の言葉を理解して、セックスのできる猫。

 

芸が仕込まれた人間。ということで、上野動物園を見終わった後は近くの浅草にストリップ劇場を観に行くことにした。イルカと同じで、衣食住の為に芸を仕込まれている。

 

f:id:hidesys:20171007144425j:plain

そうして私たちは上野駅から銀座線に乗り、浅草のロック座に来た。日本一のストリップ劇場らしい。バックダンサーがいたりしてすごいとのこと。大人は1人5000円(カップルだと8000円)だ。

f:id:hidesys:20171007144445j:plain

席数は150席ぐらい。大阪の東洋ショーや京都の東寺よりも広くて大きくて、舞台の段も高かい。

 

今回は「1001 nights」がテーマとのことで、全体的にアラビアンナイト風の劇となっていた。私はアラビアンナイト風の衣装が好きなんだけど、テーマのわりにあんまりそういう衣装は出てこなかったので少し残念。

始めの演出は本当に綺麗だった。影絵みたいな感じで女性が奥手踊りながら脱いでいく姿がスクリーンに映されていて、時折手や足などをスクリーンの隙間からこちらに出して手招きをしたりする。それ以降の踊りは、東洋ショーのものとあまり変わりがなかった。

 

女性が舞台から出てきて花道を通り、舞台真ん中の円形のステージ(ベッドと呼ばれる)に横たわる。ゆっくりと踊りながら衣装を脱いでいく。でも足や胸に巻いたネックレスは外さない。

ストリップを観るといつも思うことがある。こういう性的な裸体というのは、強いライトで照らされていて毛穴が無くてツルツルで、ネックレスで分割線が作られていて、まるでマネキンのようだ。数多の視線が女優を包み込む。数多の期待を込めた視線に照らされた彼女は、自分で自分の性感を高めるようなやり方で肉体をほめたたえる。女性の身体の動きがスピードを落とすほどエロティックになっていく。まるで無重力空間に肌色の性的なオブジェクトがゆっくりと浮かんでいるようだった。ここに現実のセックスは存在しない。

 

f:id:hidesys:20171009214949j:plain

ストリップで踊っているのは20-30代ぐらいの女性だ。顔立ちもSKE48ぐらいからモー娘。ぐらいの感じの人たちで、わりとレベルが高かった。

ストリップを観に来ているのは30代がちらほらで50代~が主要層という感じだった。大阪や京都だと60代とか70代とかの、パソコンが分からなくてエッチな動画を見ることができなさそうなおじいさんが多かったんだけど、東京はまだ活気があって客側の年齢層も若い。

女優と観客の関係だけど、大阪や京都のストリップでは手拍子もしっかりやったり拍手も盛大だったり、衣装にお金をねじ込む時間があったり、ボール(物理)をお客さんと女優で投げ合ったりすることがあったり、あとオープンタイムといって女優と一緒に写真を撮ってもらえる時間もあったりして客と女優の間隔が近いと思う。ロック座は、その舞台や花道の段が関西のストリップに比べて高いことに象徴されているように、あまり近しい感じではなかった。まぁでもこれぐらいがアイドルと客の距離なのかもしれない。関西のストリップの方が幾分地下アイドルに近い。

 

お客さんは何を見にストリップに来ているんだろうか。もしそれが「女性の裸」でしかないのなら、女優側は苦痛だと思う。まるで動物園で檻に入れられた動物を、人間がマジマジと観察する関係のようだ。誰だって私のありのままを客体として切り離した上で消費されるのは気分の良いものではない。なのでストリップはダンスを取り入れることで、演技を見せている私・ダンスを見に来た俺たちといった関係性の幻想を作り出すことにした。観客は女性の裸を見に来ているのではなく、ドキドキやワクワクを楽しむために来ている。

 

衣食住のために芸を強いられているという意味では、イルカも私たちも変わりがない。この前、上司の前で上司の判断を「たしかにこうやった方が○○が△△になって、よいですね」と答えたら、「西柿さん、そんなにサラリーマンしなくていいんだよ」って言われた。

ディズニーのダンボのように、サーカスで訓練される中でプロ意識を持って、スターになるのが正解なんだろうか。ダンボが空を飛べたのは生まれつき耳が大きいという生得的な要素によるものだった。ナルトでも結局 天才であることが大切だと説いていた。ダンボのように耳が大きくない私たちはベッドの上で服を脱いで裸体を見せつけることしかまだ知らない。私たちはセックスできる猫として生きる方が楽なのだろうか。カラスから「この魔法の羽を持っていれば空を飛べる」という暗示を掛けられたところで、飛ぶことができるのだろうか。

 

家計簿(2017年7月)

2017年7月度(6/23~7/24)において、収入は237千円、支出は305千円でした。68千円の赤字(ただし50千円分は未回収の債権)です。

f:id:hidesys:20170827193613p:plain

f:id:hidesys:20170827193118p:plain

主にお盆の飛行機のチケットを取ったのが悪影響を及ぼしています。収支改善しないと貯金が減る一方です。そろそろ資金がショートしそうです。

まず目につくのは交通費の飛行機代です。台湾行き飛行機で往復・2人分約100千円掛かっています。ただし半分は債権です。その他、韓国渡航費などもここに出ています。

大学の友人が東京から関西へ配置転換を食らいそうということで、追い出しコンパをしてきました。8千円の支出です。なお職場関係の飲み会は3回でした。

パソコン代は弟にMS-Officeをプレゼントしたので、その分7千円が支出されています。

光熱費ですが、払い忘れていた電気代先月分2千円と、今月分5千円が共に支出されました。

 

今月は盆休み中の飛行機代が先に出て行っているんですが、来月は支出が抑え目になるかというともちろん旅行するのでそんなことなくて、厳しいです。安易に旅行もできません。

月150千円の支出で暮らすことを目標にしています。飛行機代さえなければ200千円程度になっているんですが、それはただの仮定の話です。現実にはお金を使って旅行してるので、どうにかしなきゃいけません。

家計簿(2017年6月)

2017年6月度(5/25~6/22)において、収入は238千円、支出は278千円でした。40千円の赤字です。

 

f:id:hidesys:20170716125938p:plain

 

f:id:hidesys:20170716130150p:plain

KMC 40th Anniversary Conference参加に関して、参加費5千円、交通費25千円、ホテル代6千円など、計約40千円ほどを支出しました。

交際費に関して。職場関係の飲み会は6回参加しました(2次会をダブルカウントせず)。傾斜配分を付けていただいたおかげで16千円に収まっています。

趣味に関して。パソコン代として23千円を支出していますが、これは弟に仕事用のノートパソコンをプレゼントしたためです。この件に関しては来月に追加でOfficeソフト代を計上する予定です。

衣服・美容に関して。衣服代として21千円を計上しています。13千円が夏用スーツ代、6千円が夏用の布団シーツ代です。

住宅・リフォームでの20千円の出費は、賃貸契約にかかわる保証料になります。

 

7月度から収支を改善する予定で動いています。7月度の会計期間は6/23-7/24となっていますが、7/16現在において住宅費も含めた当月支出は145千円となっています。

家計簿(2017年5月)

2017年5月度(4/25~5/24)において、収入は263千円、支出は269千円でした。7千円の赤字です。

f:id:hidesys:20170620004850p:plain

f:id:hidesys:20170620010057p:plain

交際費について、結婚式が2回あったために60千円を計上しています。これに付随して電車代の内新幹線代として22千円かかりました。

交際費について。職場関係は最初が肝要なので、7回飲み会に顔を出しました。また結婚式で関西に帰った際に大中高の友人に会ったため、それぞれ14千円と8千円を計上しています。

趣味についてですが、ABCD!3参加のための同人誌の表紙印刷で3千円をオタク生産として計上しています。事業経費としては年末に行ったRails勉強会のサーバー維持費として3千円を計上しました。

医療費については、歯医者の定期健診代として4千円を計上しました。健康だったということです。

収入について。初任給のため各種税金が引かれず、また上京費用の立替え支払いが発生したため、ベース給与に50千円程度が上乗せされています。

家計簿(2017年4月)

2017年4月度(3/24~4/24)において、クレジットカードその他追尾できた収入は40千円、支出は131千円でした。91千円の赤字です。今月度については現金からの支出を把握できていません。

f:id:hidesys:20170620003208p:plain

f:id:hidesys:20170620004023p:plain

衣服においては、革靴代(2足分)56.9千円が大きな割合を占めています。その他シャツやベルトなどで10.8千円を支出しています。

交通費については、上京関係で新幹線代19.2千円、ピーチ航空で6.3千円を計上しました。

収入面では大学のTA代が7.0千円、就職祝いが33.0千円となりました。