読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都中京 スナック「めぐみ」ママの酔っぱらい日記

中京区にあるITエンジニアスナック「めぐみ」のママの日記です

1/10 ぼくには見えないものが見えている人たち

昨晩はお風呂にも入らず3時間睡眠で、なんとか修論のゼミ発表の資料を作った。期限ギリギリまで物事を放置してしまうのはよくないので治します。

ゼミ発表、自分的には60点ぐらいだと思ってたんだけど、わりあい評価は悪くなかった。曰く、「素材は揃ってるからあとは上手く組み立てるだけ」らしい。

 

論文で大切なのはストーリーだ。

こういう問題意識を、こういう背景のある所に持っていて、こういう仮説がされるのだけども、こうこうこういう方法で分析したら、結果はこうだった。だから、仮説はどうで、問題はどうだったとわかった。こういう一連の流れ。

 

研究室のドクターの人はさすがにストーリーがかなりキッチリしているし、よくできる後輩もこの真髄を肌で理解しているように思える。だけど、ぼくはまだだ。

どうしても一本筋の通ったストーリーをカッチリと描けない。学び、手を動かして慣れるしかない。せっかく修士まで進んだのだから、世界に対するこういう接し方の技法のひとつは身に付けておきたい。

 

ゼミの後は、知り合いのインドネシア人から紹介されたインドネシア人に自転車を譲った。近くの自転車屋で登録変更手続きをしようとしたら「外国人だから……」って断られたのだけど、あさひ(大きな自転車屋)に行ったらやってくれた。ああいうガイドラインに従ってない対応をする自転車屋はクソだと思う。